HOME » スタッフ» 植木あきお

植木あきお


こんにちは。
ジュームス事務所 オフィシャルコーチングスタッフの植木あきおです。

現在、ジェームス・スキナーのビジネスパートナーとして認められ
ジェームス・スキナーの成功技術に興味を持つみなさまに
「成功の9ステップ ライブセミナー」の紹介や
事前のカウンセリング、コーチング、セミナー参加後のフォローアップの役割を
務めさせていただいています。

担当させていただいたお客様 ※一部


2003年11月に受講した成功の9ステップをきっかけに、
自分の人生を大きく変化することが出来ました。

成功の9ステップに参加後、
ジェームスの魅力的なライフスタイルに刺激され

・アイアンマントライアスロン(スイム3.8Km バイク180.2Km ラン42.195Km) 6回以上完走、
 猪苗代湖や鶴沼のウルトラマラソンレースで複数回、100kmマラソン完走

・大好きなダイビングでモルディブ、ハワイ、沖縄、小笠原などを潜り  マンタやジンベイザメと一緒に泳いだり、海底遺跡を冒険

・家族で断食旅行

など、いろいろな経験をすることが出来ました。

モルディブなど南国でのダイビングやメキシコでのトライアスロンレース

こうした自分での劇的な変化をきっかけに
ジェームス・スキナーのセミナーボランティアをしながら
日本はもとより、海外のセミナーにも学びに行くようになり

2006年には
アンソニー・ロビンスの
Date with Destiny 日本事務局を立ち上げ
代表を務めました。

そして、自分自身の夢実現の一つとしては
2015年、40日間かけて妻と一緒に六大陸世界一周旅行をし、
・“天空の鏡”と呼ばれるウユニ塩湖
・“空中都市”とも呼ばれるマチュピチュの遺跡
・“地球のヘソ”と呼ばれるエアーズロック
・フィンランドの夜空に広がるオーロラ
・サハラ砂漠でのテントのホテル
・パリやロンドン、バルセロナで観光地を周る  など様々な体験をすることが出来ました。

また、その旅行の中でジェームス・スキナーのアメリカの家にも滞在し
成功についての秘訣についてもさらに学ぶ機会を得ることが出来ました。

 

「成功の9ステップ」に参加するまでの自分は、成功を期待して、たくさんの本を読んだり
資格を取ったり、自分が優秀になろうと努力してきました。

しかし、なかなか結果が出ない上に
「やろうと思っても出来ない自分」に劣等感を持つようになりました。

劣等感から功を焦り、同僚や上司ともうまくいかなくなり
その結果、望んでいない部署に移動させられるなど、
仕事や人間関係に悩む日々を過ごしていました。

そんな中、ジェームスのライブセミナーに参加したことがきっかけに自分が優秀になることだけに躍起になっていた自分に気づくとともに、仲間の大切さを知り
誰かを応援すること、

そして

自分が仲間に応援してもらうことの大切さを知りました。

自分だけで努力しようとするより、

仲間と助け合うことで楽しくラクに夢が叶いました。

一人でもがき苦しんだり、出来ない自分に嫌気がさしてしまうような自分から
自分の夢を仲間に語って助けてもらい、また仲間の夢を応援し助ける自分になれました。

素晴らしい価値観を持った、信頼できる仲間を持つことは
自分だけの成功にとどまらず人生を何倍にも豊かにしてくれます。

そんな人生の変化を得られる機会が、
「成功の9ステップ ライブセミナー」にはあります。

あなたの夢やビジョンを聞かせてください。

会場でお会いできることを楽しみにしてます!


第十五期 Q1 MVPになり、吉田社長より記念品を授与される

プロフィールと経歴

1973年生まれ 栃木県宇都宮市出身、東京都渋谷区在住

血液型:O型

動物占い:正直なコジカ

趣味:トライアスロン (ロングディスタンス 8回完走)
   ウルトラマラソン (100kmマラソンレース 2回完走)
   代々木公園での早朝ジョギング

大学卒業後、一部上場の大手通信会社でシステムエンジニアとなる。
2003年の「成功の9ステップ ライブセミナー」を受講したことをきっかけに、
2004年にエンジニアとして独立。

その後、ジェームス・スキナーのメガイベントの受講やボランティアスタッフを続け、
これまで20回以上、「成功の9ステップ ライブセミナー」と関わり、
6000人以上の参加者をサポートする。

中でも最も苦労した参加者は、自分の母親と幼馴染の親友(笑)。

昔の自分をよく知っている母親や幼馴染にとって、
私の言葉ではなく、昔の私からの成長だけが説得力になるので
学びの実践と成長するよい機会となる。

システムエンジニアとしての自分の事業を継続しつつ、2010年よりジェームス事務所に
スタッフとして関わるようになり、
多くの人の人生の変化に関われることに情熱を感じている。

人生の目的は
「楽しみながらよりよい人生を追求し、
 多くの人と喜びをわかちあいながら共に歩んでいくこと」